フードボックスで、差し入れごはん

買い出しを済ませ、食材も揃った我が家の台所ですが、今日はお弁当不要日なのでした(笑)。ということで、お弁当箱繋がりなトピック、活用している耐水性・耐油性のフードボックスなどについて、少し。

d0091132_13291110.jpg








焼いたお菓子をいつでも贈れるよう、個包装袋や紙袋、リボンなどのラッピング道具一式、いつでも家にある状態にしています。それと同じく、ごはんの差し入れや、ランチ会でたくさん作ったおかずを持ち帰ってもらうことも少なくないので、気軽なフードボックスやお惣菜容器も、いくつか常備しています。

夜遅くまで開いているスーパーや24時間営業のコンビニがある便利な今の時代だから、その都度買いに走れば間に合うわけですが、「あ、これ食べてもらいたいな。」とふと思い立った時、使える容器、自分にとって使いやすい箱がいつも家にあるというのは、非常に心強く、ノンストレスです。タッパーなんかでもいいのですけれど、返してもらう必要のない容器は、受け取る側にも気軽だと思うしね。

写真にある白い丸型の容器には、ご飯ものやパスタものをよく入れています。炊き込みご飯や混ぜご飯って、作るのも食べるのも好きなんですよね。そう言えば、私の母も、炊き込みご飯やちらし寿司などを昔からよく作る人で、今でも実家に立ち寄った時など、帰りに折箱やタッパーに詰めては持たせてくれるし、おにぎりにした炊き込みご飯を冷凍のクール便で届けてくれることも(!)。そういうところ、受け継いでいるのかも知れないです(笑)
手前の四角いクラフトボックスには、おかずを詰め合わせたり、アラカルトおにぎりやサンドイッチ、カットしたキッシュが入ったりもします。

差し入れごはんや、お弁当。お料理を箱に詰めるという作業は、ウチで食べてもらうお料理をお皿に盛り付けるのとはまた違った種類の楽しさを感じます。数時間後の相手に向けて作った、私のいないところで食べてもらうごはん。伝えたい気持ちも一緒に詰めて、フタをして、閉じ込める。フタを開けた時、お料理の温かな湯気が立ちのぼることはないけれど、その代わり、ささやかに込めたメッセージみたいなものをふわりと感じてもらえたら、ちょっと嬉しい。いえ、かなーり嬉しい、です(笑)

・・・

東京ガスの、心温まるCM。 愛がありますね。
[PR]
by cambric | 2012-04-10 20:55


作ったものや食べたもの。お弁当の記録をメインに、テーブルまわりのいろいろなことメモ。


by cambric

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2015年 12月
2014年 04月
2014年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お弁当