「ほっ」と。キャンペーン

スイートパンケーキモーニング

なんと今週後半もお弁当ナシでOK、とのこと。お言葉に甘え、それではのんびりさせてもらいましょう~と、今朝はパンケーキを焼きました。「あれ? そう言えば、日曜日にも焼いたっけ?」などと思いつつも、また食べたくなってしまったのだから、焼かずにはいられません。
d0091132_22312934.jpg
お砂糖を入れずに泡立てた生クリームをのせ、作り置きしてあったはちみつカラメルりんごといちごをトッピング。ミントを散らし、粉砂糖をふって、今日の私のちょっぴり遅めの甘い朝ごはん。たまにはこんな朝ごはんもいいものです。

下記は、ウチでいつも基本にしているスイートタイプの生地レシピ。ふっくらとホットケーキの趣きがある生地です。ベーキングパウダーはもう少し減らしても大丈夫だし(今日は小さじ2/3くらい使用)、グラニュー糖ももう少し減らしても大丈夫(今日は20gにしました)。また、グラニュー糖の代わりにきび砂糖を使うこともあります。

余裕があれば、卵、牛乳、プレーンヨーグルトは室温に戻しておくと良いです。その場合、作り方②でバターを後入れせず、一緒に加えてOK。また、卵、牛乳、プレーンヨーグルト、バターを予めよく混ぜ合わせておき、これを粉類に注ぎ入れるとなお良いです。だけど、こういった粉ものって、思い立ったらすぐに焼きたいですよね。私もそのクチ(笑)、冷蔵庫から出したての状態で作ることも多いのですが、それでも特に問題なくおいしく焼けています。

それからもうひとつ、手間でなければ薄力粉、ベーキングパウダーはストレーナーに合わせ、ボウルにふるい入れてから、グラニュー糖と塩を加え、泡立て器でぐるぐる合わせると良いです。ダマになり難く、次に加える水分ともなめらかに馴染みやすくなります。


材料(4~5枚分)
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1
グラニュー糖 25g
卵 1個
牛乳 100g
プレーンヨーグルト 30g
食塩不使用バター 20g(電子レンジで溶かす)
塩 ひとつまみ

作り方
①ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖、塩を入れ、泡立て器でぐるぐるとよく混ぜて均一に馴染ませる。
②牛乳、プレーンヨーグルト、卵を加え、泡立て器で静かに混ぜる。まだ完全に混ざり切らないところでバターを加え、なめらかに混ぜ合わせる。
③フライパンを熱し、生地を丸く流し入れる。表面がぷくぷくプツプツしてきたらひっくり返し、焼き上げる。


d0091132_22315299.jpg







スイートパンケーキでハッピーモーニング☆
[PR]
# by cambric | 2014-04-17 23:32

ハムと大葉の豚肉巻き弁当と、調理用の竹箸

d0091132_8585144.jpg・ハムと大葉の豚肉巻き
・ミックスきのこのアンチョビ炒め
・ポテトのラタトゥイユ和え
・わかめとねぎ入りだし巻き卵
・きゅうりのお漬物

使いかけのハムを消費したく、大葉と合わせ、豚薄切り肉でくるくるっと巻いて焼きました。照り焼き風味の甘辛たれをジャッとからめて仕上げます。今日は食べやすく、半分に切ってから詰めました。小さなぐるぐるの渦巻きになった切り口が可愛いー♪ なんて、おじさん弁当に“可愛い”は不要かなと思うけれど、作ってる私のテンションが上がるのは良いことです(笑)
何だか取り留めのない和洋折衷弁当になってしまいましたが、毎日のお弁当作りはその日その日の冷蔵庫事情に左右されるものですからね、気にせず行きましょう。

--

調理用のお箸がへたったり曲がったりとかなり傷んで来たので、総取り替えしました。調理用のお箸と言えば菜箸ですが、一般的な菜箸って長いものが多いですよね。私の手には長すぎて少々扱い辛く、それならばと、臆せず使えるリーズナブルなごく普通の竹箸を調理用として使っています。ちょっとした焼き物・炒め物・揚げ物から、卵を溶く時、調味料と和える時、細部を意識しない普段着ごはんの盛り付けにと、何かと小回りの利く23cmです。
d0091132_8592562.jpg
[PR]
# by cambric | 2014-04-15 21:04

甘酢ソースをからめた鶏の唐揚げ弁当

d0091132_2316294.jpg・鶏の唐揚げ、甘酢ソース
・にんじんのピーナッツ胡麻マヨ和え
・ピーマンとえのきだけの高菜炒め
・海苔入りだし巻き卵

今日はちょっと久しぶりのお弁当だったこともあり、朝から唐揚げを揚げて、甘酢ソースをからめたりしてみました。鶏肉の下味はごくシンプルに、酒+醤油+生姜のすりおろしの3つ。パンケーキを焼いた残りの卵白が少しあったので、揉み込んで衣に利用しました。鶏肉を卵でコーティングすると旨みやジューシーさを守ってくれるから、冷めてもおいしいんですよね。

カリッと二度揚げして、甘酢ソースにからめます。甘酢ソースは醤油、砂糖、トマトケチャップ、酢を軽く煮立たせたもの。割合は2:2:2:1くらいで、味をみてから気分で醤油を足したり砂糖を足したりなどします。今朝は豆板醤もちょっぴり加えました。
[PR]
# by cambric | 2014-04-14 23:16

週末外ごはん

瞬く間に過ぎてしまったような一週間。金曜日予定していたお弁当も思いがけず不要になりまして、結局今週は水曜日だけのお弁当作りでした。春休み明けてようやく学校が始まった週、バタバタしがちだったから、ちょうど良かったかもです。

昨日土曜日の夜は、主人の友人がやっている居酒屋さんへ。4人集まって、ちょっとしたお祝い晩ごはんの会でした。私、飲まないんですがね、いろんなものちょこちょこいただいてお腹いっぱい。興味深いお話も聞けて、楽しい夜だったな。先週土曜日の夜は、グランヴィアのラ・リサータで晩ごはん。外で食べるイタリアンは久しぶり、いくつかのおいしい発見もありました。時々の外食は、日々のごはん作りの刺激になって良いものです(それに台所仕事、お休みできるしね。笑)

d0091132_20401963.jpgこちらは一昨日、金曜日の晩ごはんの一品。さっと茹でたほうれん草としゃぶしゃぶした豚薄切り肉を、塩昆布、わさび、オリーブオイルで和えたもの。隠し味程度に醤油もほんの少しだけ加えてます。和食献立に合わせるなら、胡麻油でもいい味に。しかしながら、和洋どちらの献立にも合うのは、オリーブオイルのなせる業ですね。

その奥に写っている赤いココットは、ストウブのセラミック製ミニココット。キュートな赤でいて、フタのツマミ部分の黒が小さなスパイスとなり印象を引き締めてくれ、大人可愛いテーブルにもクールな雰囲気にもコーディネート可能。大きさは直径12cm無いくらいなんですが、300mlほどたっぷり入るんですよ。おつまみおかずを入れたり、ひとり分ずつのうつわとして使ったり、フタが付いているので保存容器としても好都合。これが冷蔵庫に入っていると、ちょっと楽しい気持ちになったりします。それから、お菓子やパンをこれで焼くことも。
鋳物ではないので直火にはかけられないけれど、電子レンジOKなのはやっぱり嬉しいですよね。日常的に使いやすい大きなポイントかな、と思います。
[PR]
# by cambric | 2014-04-13 20:46

チキンのトマトクリーム煮と、角型カバードパン

d0091132_16175567.jpg・チキンのトマトクリーム煮
・そら豆とほうれん草のオリーブオイル炒め
・だし巻きたまご
・プチトマト
・きゅうりのお漬物

昨夜のご飯、チキンストロガノフの残りにトマトピュレを加え、一味変えて本日のお弁当のメインに。そら豆は昨夜下茹でしておいたもの、ほうれん草も下茹でして冷凍保存してあったものなので、今朝はだし巻き卵を焼き、そら豆とほうれん草をちゃちゃっと炒めただけ。あとはプチトマトとお漬物を詰めて、あっという間に完成でした。


今週はお弁当不要日が多く、今日と金曜日のみの楽ちんウイーク。明日の朝、ゆっくりできるので、今夜は冷蔵庫で一晩一次発酵のパン生地を仕込んでから眠ろうと思います。

--

d0091132_3304421.jpgパン焼きの作業で大活躍しているのが、ウィルトンのカバードパンです。大きさは約23cm角、深さ5cm。高さのあるフタ付きのスクエア型で、一次発酵させた生地を成形して二次発酵~焼成、保存まで出来るから、本当に便利。スチール製の型には樹脂加工されているので、お手入れも簡単です。

奥に二段重ねてチラッと写っているのは、ノルディックウェアのスクエアベーキングパン。ウィルトンのよりも気持ち大きなサイズで深さもしっかりあり、素材はアルミ製。樹脂加工はされていませんが、オーブンシートを敷けば問題ナシです。ただ、型外側上部の巻き込み処理に若干の隙間があるため、洗った後の水切れが今一つかな、といった印象。オーブンや乾燥機で乾燥させれば問題ないのですがね。

使用用途は同様で、パンだけじゃなくスコーンを焼く時や、焼成後のマフィンなんかの一時保存にも重宝。どちらも楽しく便利に使っています。
[PR]
# by cambric | 2014-04-09 17:41


作ったものや食べたもの。お弁当の記録をメインに、テーブルまわりのいろいろなことメモ。


by cambric

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

以前の記事

2015年 12月
2014年 04月
2014年 03月
more...

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お弁当